面接時の取り決めとして、可能な日はオーラスで働くことにした。
これにはもちろん理由がある。

まず、オーラスの辛さを知らなかった。
未だにオーラスでよく頑張ったなと思う。

次に、給料形態の問題。
普通のキャバクラなどは、待機時給なんてのもあるんだけれども、萌え萌えキュンの場合はお客さんについているか、呼び込みとして外に出ている時しか時給が発生しない。

最後は、単純に暇だったからというのがデカイ。
まぁ、もともとあまり就労するというのが得意ではないし、喋って飲んで稼げるならそれもいいだろうと思ったからだ。


当日、店に顔をだすと、知らない人ばかりが居る。
と言っても、せいぜい3人くらいだったが。

まず、一番初めの難関だった。
コンセプトバーと言っても、お客さんの目的は女の子。
自分は、女装させられーの、化粧をしーのと大忙しだった。
まぁ、そのおかげで、少しは化粧ができるようになった。あまり日常生活で役に立つとは思わないけれども…。

そして、副店長の人に、研修をしてもらう。
研修と言っても、簡単なもので、酒がどこにあるのか、酒の作り方、接客の仕方、お店のシステムを1通り聞いたら、それを実践して言うだけ。
外での事は、もう店に1年以上居るタイガさんにきけと言われた。

タイガさんは、男装のキャストで、あまり可愛くはないがノリがとてもいい。
コミュニケーション能力も高くて、自分もすぐに仲良くなった。
このタイガさんと仲良くなっていたことで、自分の今後がとても有利に運ぶこととなったのだ。


外での呼び込みは、そこまで難しいことではなかった。
とりあえず元気よく路行く人に声をかけていく。
初めは、気恥ずかしいのと、バレたらどうしようと言うのがデカかったのだが、幸いにも声は高めで、髪が長いことも相まって、バレる割合は相当低かった。

やめてしまった今でも、大半の人が女だと思っていることと思う。


初めのうちは、上げることはかなわず、ほぼほぼ外で客引きしているというのが常だったように思う。
おかげで、声をかける事に関しては、結構な能力を得るに至った。


それでも、お客さんに何人かついて、ドリンクをもらうことも何回かあったが、初めは誰でも4杯取れたら上上だ。
ドリンク1杯貰うのも、自分には難しいことだった。


初日、夜に続く…。
 

スポンサードリンク